発泡スチロールリサイクル処理

発泡スチロールリサイクルシステムとクリーンヒートパッカーの特徴

”破砕工程がない唯一の発泡スチロール

処理機”なので、騒音・故障が少なく

”15-20年”とあきれるほどの長寿命

 

溶剤方式より、ランニングコストが安価です。

 

発泡スチロールリサイクル処理機、クリーンヒートパッカーは
破砕工程がないので、構造がシンプルで、低騒音で、故障が少ない処理機です。
(自動投入タイプを除く)
また、長寿命(実績最長21年)なので、利益が出やすい処理機です。

 

↓平成3年製、まだ順調に稼動しています。
発泡スチロール処理機

 

 

クリーンヒートパッカーの欠点

 

正直に申し上げますが、いいことだらけの機械ではありません。
クリーンヒートパッカーの欠点は、

  • ・インゴットの取出しが受け箱取り出し方式なので、少し面倒。
  • ・排気ダクトから、若干臭気が発生します。(臭気指数19)
  • (繁華街や住宅地でも使える高性能脱臭装置のオプションもあります。)

  • ・温風循環方式なので、夏場は機械の周囲が若干暑く感じます。
  • (もちろん、冬場は暖かく快適になります。)

発泡スチロール リサイクルシステム

発泡スチロールの処理費用は、年々高騰しています。

 

実は発泡スチロールはほとんど空気で出来ていますので、溶融固化することにより、容積が1/50~1/100のインゴット状になります。

 

このインゴットをストックしておくことにより(基本は4t単位)、有償で売却することが可能になります。(買い取り価格は、引き取りロット・港のストックヤードまでの陸上運賃により、若干異なりますので、弊社までお問い合わせ下さい。TEL027-283-5678)

 

つまり、従来処分費を支払って処理していた
発泡スチロールが有価物になるのです。

 

貴社の発泡スチロールの処理費用>リサイクル経費+インゴット売却益

 

上記の式がなりたてば、貴社の発泡スチロールの処理費用が
大幅に低減する可能性があります。

 

貴社の発泡スチロールの発生量、現在支払っている発泡スチロールの処理費用などをお知らせくだされば、処理費用を低減できるかを無料で診断させていただきます。

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

以下のリンクをクリックして、ご住所、発泡スチロールの発生量、現在の処理費用等必要事項を記載して送信して下さい。

 

貴社の損益計算書を作成し、詳しい資料をお送り致します。

 

また発泡スチロールの処理業者さんを探している場合も、ご紹介が可能な場合がありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせ・無料資料請求は下記のリンクをクリックして下さい。

 

弊社ではお客様の許可なく電話営業や訪問営業などの行為は
一切行っておりませんのでどうぞご安心ください。
(お電話での説明や相談をご希望される場合は、お手数ですが、該当箇所にチェックを入れてください。)

 

お問い合わせと無料資料請求はこちらから

 

お電話・FAXでのお問い合わせは下記の番号からどうぞ。

 

TEL 027-283-5678
FAX 027-283-7035